嫉妬をする心理はどういうもの?嫉妬してしまう心理に迫る!

嫉妬をする心理はどういうもの?嫉妬してしまう心理に迫る!-1

嫉妬の心理については、様々なものがあります。そして自分が嫉妬をして困っている場合と、人から嫉妬をされて困るようなことも。では嫉妬をする心理を知って、少しでも悩んだり困ったりしないような日々を過ごせるように、していきましょう。

 

嫉妬をする心理について

なぜ嫉妬をしてしまうのでしょうか。それには理由があることが多いです。嫉妬をする理由について、考えていきましょう。

 

相手のことがうらやましい

相手をうらやましいと思うことで、嫉妬をするようなパターンもあります。自分の好きな女性が他の男性の惹かれているケースも。でも相手の男性は非の打ちどころのないような魅力的な男性だとしたら、うらやましい気持ちを持ちますよね。

そして相手のような男性になれたらいいのに…と自分に対して思うのです。でも人は人と思えることが、とても大切なこと。そして自分の良さについても、知るようにしてみましょう。人と比較して足らないところばかりを悩むのではなくて、自分にしか無いような魅力もあるはずです。

 

好きだから心配になる

自分の彼女ではあっても、彼女が他の男性と話していると嫉妬する気持ちになるもの。これは彼女が好きだからこそ、心配になってくるのです。愛情の無い相手なら、どういう行動をしようとどうでもいいですよね。

彼女や好きな女性に対して持つ嫉妬は、愛情のバロメーターとも言えるのです。とはいっても出来れば嫉妬はしたくないと思う気持ちはありますよね。嫉妬しているところを出来るだけ隠そうとする男性もいるかもしれません。

嫉妬している自分は、カッコ悪い…と思男性は多いからです。

 

自分に自信がもてない

自分に自信がない人も、嫉妬をしやすくなります。でも、自分を好きですか?嫌いですか?と聞かれて、好きです!と答える人はさほど多くありません。

ほとんどの人は「こういうところは好きだけど、こういうところは嫌い」と考えているのです。つまりは自信が無い面があっても当然だと言えるでしょう。自分に自信がもてない場合は、自信ももてる面を探してみましょう。

そしてそれを伸ばす努力をしてみれば、今まで以上に自信を持つことが出来てくるのです。

[ad#ad-t1]

嫉妬した時にしてしまう行動

嫉妬をした時に、人はどういう行動をしてしまうのでしょうか。これも嫉妬の心理から関係しているのです。

 

心を閉ざしてしまう

嫉妬をしている自分に対して嫌だなと感じると、人に対して心を閉ざしてしまう場合があります。自分の心の中を人に知られるのが怖いと感じるのでしょう。嫉妬をしている自分を好きになれないので、それを見せたくない思いも。

そして、親しい友達にさえ心を閉ざしてしまう場合もあります。でもこれは、とてももったいないことでしょう。心を閉ざせば閉ざすほど、孤独な気持ちになり辛くなってしまうのです。嫉妬をする時だってある!とある意味開き直るぐらいの気持ちの方が、とても楽ですね。

 

相手にしつこくしてしまう

嫉妬を隠しきれずに、彼女や好きな人に嫉妬しているところを見せる男性もいます。そして嫉妬をしているアピールをして、自分の気持ちを分かってもらおうとすることも。

これはこれでアプローチになるかもしれません。でもしつこい態度や行動を取ると女性としては引いてしまうのです。そして「出来れば、もっとあっさりとしてほしい…」と思うでしょう。

なんとなく、ネチネチしていてしつこくて男らしくない…と思われてしまう場合もあるのです。そう思われないように、嫉妬していることをあからさまにはせずに、「〇〇くんと仲良いね!」と言ってみたり、「ちょっと嫉妬しちゃうな」と言ったりする程度にしておきましょう。

これぐらいなら、可愛い男性として女性から思われるでしょう。しつこいと嫌われてしまう可能性が高いです。

[ad#ad-t1]

辛くて自分から去る

嫉妬をしている自分を相手に知られたくなくて、自分から相手を諦めるような男性もいます。相手に伝えることもせずにただ自分から別れを告げることも。

でも彼女からすれば、ちゃんと気持ちを言って欲しいと思う場合もあるでしょう。少し伝えてみて、その反応を見てから別れるかどうかを決めても遅くありません。先に別れを決めて自分から去ってしまうと、もう後戻りできないことになるでしょう。

嫉妬する辛さに耐えられない気持ちもあるかもしれませんが、ここで去るのはある意味逃げてしまうことと同じです。逃げてしまっても自分の成長につながらないでしょう。ここでじっくりと、嫉妬している自分と向き合うことが大切です。

shutterstock_585977072

嫉妬をした時の対処法

嫉妬をした時にはどうすれば良いのでしょうか。嫉妬をした時に自分がするべき行動についてお伝えしていきましょう。

 

相手に対して丁寧に気持ちを言う

相手に自分の気持ちを伝えるとともに、相手の気持ちを確かめるようにしてみましょう。相手がどういう気持地でいるのかが分かれば、嫉妬心は軽減する可能性があるのです。

相手が自分を好きでいてくれる!と思うと、自信にもつながります。そして自然に嫉妬をしなくなっていくでしょう。そのため出来るだけ早い段階で相手の気持ちを確かめながら、自分の気持ちを相手に伝えるようにしましょう。

それをしたうえで相手の反応を見る必要があります。相手に気持ちを伝えることもひとつの勇気です。男らしくいたいと思うのであれば、ここで勇気を出すのも必要に。

 

嫉妬する自分を受け入れる

嫉妬する自分を受け入れるのも大切なことです。嫉妬する自分を嫌だからやめたい、逃げたいと思っているうちに、悩んで苦しんでしまうことになるのです。でも嫉妬する自分の心と対話をしてみれば「なるほどそういうことなんだ」と分かるかもしれません。

嫉妬する自分を受け入れるということは、自然体の自分を大切にすることと同じです。自分を責めたり受け入れないままでいたりすると、自分の中の心のサインを無視するようになるでしょう。

その方が自分としてはいいと思うかもしれませんが、結果としては相手と良い関係を築けないでしょう。

 

親しい人と話してみる

親しい人に自分の嫉妬心について話してみましょう。嫉妬している自分の感情を人に伝えることで、自分の心を整理出来るのです。自分の心が整理できないままでいるのは、とても辛いもの。

でも親しい人に話を聞いてもらい、アドバイスをもらえたりすればより気持ちが楽になります。自分自身が信頼できる相手と話すようにしてみましょう。この人には話せるという相手を持っているのは、とても幸せなことです。

そしてこの幸せを実感するためにも、親しい人に自分の今の心境を伝えてみましょう。もしかしたら考え過ぎて悩み過ぎていたのかもしれない…と思う場合も。人に話すことで、やっと分かるケースもあるのです。時には人に頼るようにしてみましょう。人は一人では生きていけないと思うことも必要。

 

まとめ

嫉妬の心理についてお伝えしてきました。人間の心ですから様々な感情を持つものです。それを自分の中で無理に打ち消そうとせずに、これは、心が何かを自分に伝えようとしているサインなんだと思うようにすると、心が穏やかになれるでしょう。

自分にとって、大切にしたいのは自分自身の心です。大切にすればするほど心が成長していく可能性は高いでしょう。でもあまり自己中心的にならないように、相手の気持ちも大切に出来る心の余裕は持つように努力したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る