寂しい人ではない!1人の時間を大切にするコトが成長と成功の秘訣!

One time

1人の時間が欲しいと感じてはいませんか?人は人と関わって生きていますし、関わっているからこそ充実感を味わうことも多くあります。

しかし、1人の時間を持つこともとても必要なのです。1人になりたいと思うのは、当たり前のことと言えるでしょう。それはなぜか、ご紹介します。

 

1人の時間で自分を知る

1人で過ごす時間は、自分に集中することができます。普段うやむやにしている気持ちや正直な感情を理解し自分について知ることは、他人への理解にも繋がるでしょう。

自分と他人の違いや共通点について客観的に感じられるのは、自分について理解してこそ。いつでも誰かと共に過ごしていると自分の気持ちに集中できません。

また、何かを決断する時や方向性を変えたいと考える時、誰かに相談するのも良いですが、最終的には自分の本当の気持ちに従うことが後悔しない生き方に繋がるでしょう。

 

1人の時間が創造性を豊かにする

何もせずに1人でいる時間は脳が活性化されると言われています。そして、1人の時間は何を考えるのも自由ですし、邪魔になるものはありません。例えば何かのアイデアが必要な時に誰かといることで、本来考えていた発想を表現できなくなる時があるでしょう。

こんな発想はおかしいと思われるのではないか、笑われるのではないかと言う気持ちを強く感じてしまい、小さくても大切なアイデアを捨ててしまうかも知れないのです。

誰かに影響されることなく1人で考え、実行してみたり考えをしっかりまとめることができれば、良いアイデアが形になる可能性があるでしょう。

気持ちが楽になる大切な時間

人と関わる時は、多くの人が神経を使っています。そして、良いことばかりではなく、嫌な事もたくさんあるでしょう。そんな時にも、1人の時間をつくり自分の好きなように楽しく過ごすことができれば、気持ちの切り替えがスムーズにできます。

腹が立つことや不満などの口には出せない事も、1人の時間に吐き出してしまえばスッキリした気持ちになるでしょう。

人と関わっている時間と、1人の時間をバランスよく積極的に作ることで気持ちを穏やかにし、落ち着きを取り戻すことができます。

 One time

1人の時間が人間関係をより良くする

多くの人に家族や恋人、友達がいます。いつでもそばにいる相手と関われば関わるほど、空気のように感じ相手の気持ちを汲み取る必要がないという感覚に陥ることがあるでしょう。

言い争いや思いやりにかける行動は、その時は何とも思っていなくても1人になった時にふと後悔に変わる場合がありますし、そばにいる意味や相手の気持ちに気付くこともあるでしょう。

1人の時間が周囲の人の大切さに気づかせたり、思いやりのある行動や感謝の気持ちを生む可能性があるのです。

 

1人の時間は成長の時間

1人で生きている人はいませんが、1人で行動したり決断できなければ自立出来ているとは言えません。1人の時間や1人で行動する事は、誰かに頼ることなく生きていける自身にも繋がります。

自分に自信が付くと、周囲の人に流されずに済みます。また、自分がしたいことや望み、考え方などがしっかりと分かっていれば、迷いや無駄な時間を減らすことができるでしょう。

人として成長するためにも、1人の時間は重要な役割を果たすのです。

 

まとめ

1人の時間は、自分を知る時間でもあります。人は誰かと一緒にいる時、少なからず人のことを気にしながら過ごしています。そのため、本来の自分が分からなくなることも多々あるでしょう。

携帯やスマホでいつでも誰かとつながっているのが当たり前になっていますが、たまにはそういったことから完全に離れて、少しだけ1人の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る