そっけない態度にはどう接すればいい?円滑にいく接し方

そっけない態度にはどう接すればいい?円滑にいく接し方-1

相手の態度によって、接し方は変わりますよね。話好きな人には聞き役を、話下手な人には話す側に…と言うように、会話の時も役割が違います。しかし、男女問わずそっけない態度をされると、何がいけなかったのか悩んでしまいますよね。

態度がコロコロと変わってしまう人には、どのような対応が一番望ましいのでしょうか。そっけない態度には、どんな意味が込められているのかが気になるところですよね。

[ad#ad-t1]

そっけない態度には理由がある?

こちらが話し掛けても、反応がない場合は困ってしまいますよね。嫌なことがあったのか、それとも言いたいことがあったのか…。こちらが悩んでいても相手にこの気持ちは、残念ながら伝わっていないでしょう。

何か理由があったとしても、こちらが把握できていないので、この時点で理解することは難しいですよね。相手の冷たい対応には、どんな意味が隠されているのでしょうか。

 

会話の内容が不服だった

そっけない態度の裏側には、会話の内容に問題があった可能性が十分考えられます。ちょっと前までは、穏やかな態度で接していたのに、話の内容が変わった時点で態度が一変した…という時ほど、会話の内容を改めて振り返る必要がありそうです。

相手が不快に感じたのでは?と思う内容だったと感じた時は、後から謝罪のメッセージを送っておくと、何かしらの反応が返ってくるでしょう。

 

よくない噂を聞いたから

意外と多いのが、周囲の噂です。悪口やデマは、自分がいないところで大きく広がっていきますよね。明らかに嘘だとわかる内容でも、集団心理によって本当ではないかと思わせてしまうことがあります。よくない噂を聞いた後に、本人と接しなければいけない時ほど、関わりたくないと思ってしまうのは無理もありませんよね。

女性に多い噂話ですが、男同士にも同じような噂話を好む人がいますので、言いたい人には言わせておきましょう。真実を聞かれた時に、否定をするなどの対応をするようにして、あなた自身がそっけない態度で相手にしないように意識します。

 

苦手なタイプだから

絡みにくい相手や苦手なタイプには、極力短い時間で要件を済ませたいという気持ちになる時があります。必要以上の会話を避けるため、言葉が少なくなってしまいますよね。苦手だという気持ちを知らないので、上手に交わしたつもりでもそっけない態度だと思ってしまうのです。

相性はありますので、絡みにくい相手に対しても普通に接していかなければいけないのですが、この気持ちがプレッシャーとなってしまい、ぎこちない態度を生んでしまうことが…。相手が早めに会話を切り上げたがっていると感じたら、必要最低限のことだけを伝えるようにすると嫌な空気になりません。

[ad#ad-t1]

本人の気分の問題も…

そっけない態度をとる人には、その時の気分で自分を表現してしまうことがあります。悩んでいたり失敗ばかり続いてしまった時は、周囲に気を使う余裕もなくなりますよね。

相手が悪いのではなく、自分の心の問題のことが原因で態度に表れてしまうのです。

 

ストレスを溜め込んでいる状態

嫌なことを溜め込んでしまうと、ストレスが溜まりますよね。溜め込み過ぎてしまうと、一人で抱えきれなくなってしまうことが…。そんな時は、思わず声を掛けてあげたくなりますが、ここはそっとしてあげませんか?

毎日いろいろな出来事があると、何も話したくない時もありますよね。一人になりたいのになれない辛さは、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。周囲に当たり散らす人よりも、そっけない態度で接してくれる方がこちら側としても助かりますよね。しかし、本人も気にしていることがありますので、何もなかったようにその日は過ごしてあげる心遣いも必要です。

 

体調が悪くて辛い

体の具合が悪い時も、周囲にそっけない態度を取ってしまうことがありますよね。体調が悪いことを相手に伝えれば誤解だとわかるのですが、伝える間もなくそのまま接してしまうことが多いため、感情の起伏が激しい人だと勘違いされてしまうのです。

無理をしている状態ですので、心も体も張り詰めている状態が伺えます。この場合は、静かに休んでもらうことが一番の解決法なのですが、本人は休む気がなくやるべきことをこなそうと必死なところがありますよね。心配しても、相手は気を使って気丈に振舞おうと無理をしますので、あまり大きな仕事をお願いするのではなく、簡単にこなせそうなものをお願いして、体に負担を掛けないように気をつけてあげましょう。

 

気分屋だから

体調不良でもなく、その場の気分でそっけない態度になってしまう人もいます。喜怒哀楽が激しい人は、心が違う方向へ向いている時は、そっけなくなりますよね。

話を聞いているのかどうかも疑問に思ってしまう態度に、イライラしてしまいますが、相手の感情に流されてばかりでは、こちら側が疲れてしまいます。相手の感情ばかりに気を取られないように、あなたのペースを貫くのが一番です。

そっけない態度にはどう接すればいい?円滑にいく接し方-2

どうやって接したらいいの?

相手の態度でこちらの気持ちも上向きになることがあれば、下向きになることもありますよね。ですから必要以上に気を付けなければいけないのですが、気を付けていても相手の取り方次第では、そっけない態度に映ることも…。

今後のためにも、どのような接し方が一番スムーズに対応できるのでしょうか。

 

気にしないで対応しよう

自分に対する相手の行動や表情は、気になるものですよね。一度気にしてしまうと、どんどん悪い方向へと考えてしまいませんか?どんな理由があっても、あなたに原因があるならば、誰かを通じて耳に入るはずです。

見当がつかないのであれば、あまり深読みしないようにします。いつもと変わらない接し方を心掛けると、相手もいつもの調子に戻ることがありますので、おおらかな気持ちで受け入れるのがポイントです。

 

声を掛けてみる

そっけない態度の人には、一言声を掛けてみませんか?あなただけではなく、周囲にも同じように心配している仲間がいるはずですよね。どこかおかしいと感じた時は、本人に気付かせてあげることも優しさです。

特に職場での場合、取引先の人にも影響が出てしまうことがありますので、仕事に支障が出ないようにしないといけませんよね。緊張感をもって仕事をしてもらうように、誰かが気付かせてあげることも大切です。いきなり怒ったような態度で接してしまうのは逆効果ですので、笑顔でその場の空気を重くしないように声を掛けます。

 

少しずつ距離を置く

話し掛けても益々嫌がる素振りを見せるようであれば、距離を置く必要があります。何かのきっかけで、あなたと接することを拒んでいる可能性も考えられますよね。大人げない対応に、こちらも嫌な気持ちになりますが、ムキになっても仕方がありません。ここは、当たり障りのないようにあなた自身も距離を置いた方が良さそうです。

しかし、相手と同じように気に障る態度はNG。大人としての対応を心掛けなければいけません。

 

まとめ

対人関係は、勘違いやすれ違いで大きく印象も変わってしまいます。そっけない態度は、見方や雰囲気によって勘違いの時もありますが、余裕がない時や上手くいかない時は、つい…という時もありますよね。

完璧な人はいないので、対人関係での失敗は日々起こるものです。気になる態度をとってしまったと自覚した時は、その場ですぐに謝罪を…。相手の態度は気になるものですが、あなたがとった態度が、相手の態度となることがありますので、日頃から自分の行動や発言にも気を配ることを心掛けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る