疲労の回復は寝るのが一番?疲れを残さない体を作ろう!4つのコツ

疲労 回復1

疲労の回復方法は人それぞれですが、人は無意識のうちに疲れをとるための行動を行っていることがあります。自分だけの疲労回復が、あるという方もいるでしょう。しかし、季節の変わり目や湿度の高い日など、疲労感が抜けなくて辛い日々が以前より多くなったということはありませんか?疲れが溜まっていくと、年齢とともに回復するのに時間がかかってしまいますよね。

疲労回復は、疲れが溜まってからなんとかしようとしても、蓄積された量によっては回復が難しいのです。疲労を溜めた分だけ時間も要してしまいます。それでは日頃の生活習慣から、疲労回復のための体作りの秘訣をお伝えしましょう。

 

頭をいっぱい使ったら寝て疲労回復!

ケータイやPCなど、目で見て頭に情報を叩き込む日々も疲労が溜まりますよね。脳に情報を入れる作業は、とても集中力を使うので、頭もぼーっとしてきたり、疲れが急に襲ってきたりと蓄積されているのです。睡眠は、体だけではなく心の疲労回復もできる人間の三大欲求のひとつです。

脳疲労を感じたら、寝ることが回復に最適だと言えるでしょう。良質な睡眠を確保するには、規則正しい生活習慣が求められます。日光浴や軽めの運動と入浴は、疲労回復に必要な要素として多く知られていますよね。眠りが深い睡眠を確保するためには、寝る前に軽いストレッチも、大変効果がありますのでおすすめです。

[ad#ad-t1]

ぬるま湯での入浴もおすすめ

疲労回復に、入浴もよく耳にすることでしょう。熱い湯船に浸かって汗を流す!というイメージがありますが、38~40℃くらいのややぬるめの入浴がイイんです!ぬるま湯にゆっくり浸かると、お風呂というより水浴びのようなイメージが強いですが、ゆっくりジワジワ体を温めてくれる利点があります。体の芯から温まることで、冷えを防ぎ内側からの疲労もほぐれ回復していくのです。

思った以上に汗が噴き出てくるので、デトックス効果も期待できるでしょう。一度この感覚を経験すると、ぬるま湯風呂から抜け出せなくなるほどハマるかもしれません。

[ad#ad-t1]

クエン酸で疲労回復

疲労回復したいと感じたときほど、アルカリ性の食品や飲み物を摂取したくなりますよね。クエン酸は体内の血液をサラサラにしてくれるので、体内の機能も正常に動き出します。

クエン酸が含まれている食べ物といえば、梅や柑橘類やパイナップル、イチゴにも多く含まれていますので、フルーツを食べる習慣を作るといいかもしれません。野菜ジュースなどもクエン酸が含まれていますので、成分表にも目を向けてみましょう。疲労感があるときには一日に5gを目安に摂取すると、回復する手助けとなりますので参考にしてみてください。

疲労 回復2

コリ固まった筋肉をほぐす

疲労が溜まると回復するために、マッサージやストレッチをしたくなりませんか?疲れは血流を悪くし筋肉を固くしてしまうので、肩こりや筋肉痛などを起こすのです。ストレッチを行うだけで、体の血の巡りも良くなり筋肉の塊もほぐれていくでしょう。

このようにわずかな時間でも、疲労回復は可能です。忙しくて時間に余裕がとれない方は、隙間時間や移動時間の間に、隠れストレッチを行うといいかもしれません。この隙間時間をどのように使うかで、残りの時間をどうやりこなせるかも変わっていきます。一日の疲れを夜まで溜めずに、少しずつ解消させていきましょう。

 

まとめ

疲労回復のために・・・と聞くと面倒な気がしてしまいますが、特に変わったことをするわけでもなく、毎日の習慣にひとつ加えるだけで、疲れを溜めない改質に変えることが可能なのです。疲れたなと感じたら、軽くその場でストレッチや果物を食べるように心がけて、疲れ知らずの体を作り上げましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る