彼女を好きすぎる自分をセーブする5つの方法

彼女を好きすぎる自分をセーブする5つの方法-2 (1)

彼女を好きすぎる…と自分で思った時に、彼氏としてはどうやって自分の思いをセーブするのでしょうか。では男性が自分の思いをセーブするための、5つの方法についてお伝えしていきましょう。

 

恋愛以外のものに目を向ける

恋愛中心になってしまうと、彼女のことが好きすぎて他のものが見えなくなります。彼女の一言で一喜一憂してしまう場合も。でも彼女から見ると、これはとても重いものなのです。

でも恋愛以外のものに目を向けるように意識すると、彼女を好きな気持ちを少しセーブできるでしょう。夢中になるものがあれば、彼女のことばかりを考えずに済むのです。自分で自分をコントロール出来ない…と悩んだ時には、少しでも興味のあるものを見つけましょう。

これが趣味であっても仕事であってもいいのです。自分にとって興味のあるものが増えれば、恋愛中心の生活ではなくなるでしょう。彼女への思いもうまくセーブできるはず。

 

メールを書いて保存しておく

彼女への思いを、メールに綴ってみましょう。でもこれをすぐに送ると彼女としては、重くて受け止められないかもしれません。そのためこのメールは一時的に保存をしておくことをお勧めします。

自分の思いをメールで綴ってみると、どのくらい自分が彼女を好きなのかが分かるもの。でもこれをこのまま送ると、彼女にとって迷惑になる可能性があると理解をして保存をしましょう。

機会を見て、このメールを消すようにしたいですね。自分の思いを綴れば少し気持ちが落ち着くものです。自分の思いを相手に押し付けずに、自分の中でコントールしやすくなるでしょう。

[ad#ad-t1]

彼女の好きなところを考えてみる

なぜこんなに彼女を好きなんだろう…と自分で客観的に考えてみましょう。彼女の外見や内面など好きなところはたくさんあるはず。その中でも、特にこの部分が好きと思い、これからも関係を大切にしようと思うようにしましょう。

彼女の好きなところを主観的ではなくて、客観的に考えてみると気持ちが落ち着くもの。そして、冷静にこの恋愛に対して考えることが出来るでしょう。このままの気持ちで恋愛を続けるのではなくて、少し落ち着いて恋愛をしていくようにしたいですね。

彼女の好きなところを考えているうちに、彼女の嫌いな面も頭に浮かぶかもしれません。でもこれは現実をしっかり見ている証拠。嫌いな面も含めて愛情がしっかりあると、自分の中で再認識してみましょう。

[ad#ad-t1]

彼女に相談をしてみる

彼女に今の自分の悩みを相談してみましょう。でもあまり勢いよく強い思いを彼女にぶつけると、彼女としては辛いもの。彼女に対して何を求めているのかは、彼女と話していると分かって来るでしょう。

例えばもう少し連絡がほしいなど。彼女に求めているものについて、伝えてみましょう。出来ればこれは会って顔を見て伝えた方がいいですね。メッセージだけでは相手に自分の思いが伝わりにくいもの。

忙しくてあまり会えない彼女なら、通話で伝えるようにしましょう。自分なりに悩んでいる気持ちを伝えれば、彼女としても何らかの対応をしてくれるはず。ここで何の対応もしてくれないとしたら、彼氏の悩みをちゃんと聞いてくれない相手の可能性もあります。

面倒なことを嫌いだと思う男性もいますが、二人の関係について悩んでいるわけですから、ここで男らしくしっかり対応をしてくれる人なのかを見てみましょう。

彼女を好きすぎる自分をセーブする5つの方法-2 (2)

少し連絡を控えてみる

自分が追う側の恋愛は、楽しいようで辛いものです。時には連絡を控えてみるのも必要に。連絡を控えてみて、彼女の対応を見てみましょう。彼女から連絡がありそれに対応をするようにしてみれば、自分ばかりが追う恋愛ではなくなります。

連絡したいからするという自分の願望ばかりを通すと、結果として自分が追うだけの恋愛になってしまう可能性も。相手が追うような恋愛にするのも必要なのです。男性は基本的には追う恋愛を好むもの。

追われていると思うと逃げ出したくなるのが男性心理です。時には返信を遅らせてみたり、早目にやりとりを切り上げたりして、心の余裕を見せるようにしましょう。

 

まとめ

彼女を好きすぎると、自分の思いを分かって欲しくて彼女とのやりとりが多くなるケースも。でも彼女の立場になって考えてみると、ちょっとこれは重いかな…という時もあるでしょう。

こうなると彼女は逃げたくなってしまいますので、出来るだけ彼女の立場になって考えるようにしましょう。恋愛は一人でするものではないため、自分がこうしたいからこうすると決めてしまわずに、彼女はどう思っているのかと考える気持ちや余裕が大切に。

これから更に仲良く長い付き合いをしていくためには、自分のペースよりも彼女のペースを優先させる時も必要でしょう。彼女としてもその方が付き合いやすいと感じるのです。普段から自分をしっかり磨いて、彼女にとっての自慢の彼氏でいられるように努力をしていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る