職場の飲み会が嫌いな人が、その時間を乗り切るための考え方

飲み会 嫌い

職場の飲み会が嫌いな人は多いでしょう。いくらお酒が好きでも、やはり職場の人達とでは気を使いますよね。誰もが業務時間以外は開放されたいと思うのは当然でしょう。しかし、参加せざるおえない飲み会もあるのも事実。

今回は、嫌いな飲み会をできるだけストレスなく、どうにか乗り切るための方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

多くの人が職場の飲み会を苦手と思っている事を知る

職場の飲み会を心から楽しんでいる人がどれだけいると思いますか?

約7割の人が「職場の飲み会が嫌い」と答えているアンケートも存在するくらいですから、楽しんでいるように見えても実はとても気を使って疲れている人が多くいる可能性があります。みんな同じようにイヤイヤ参加していると思えば、疎外感もそれほどなくなるのではないでしょうか。

ストレスのかかり方は、ちょっとした気持ちの違いで大きく変わる事があります。気の進まない飲み会をできるだけ精神的負担なく過ごすには、違う見方をする事も必要と言えるでしょう。

 

断れないなら楽しむ方法を探す

職場の飲み会では、様々な人の仕事中とは違う面を見る事ができる可能性があります。飲み会を純粋に楽しめないのは仕方ないと思い、それぞれの人の動きや会話の内容を観察するなどしてみてはいかがでしょうか。

「嫌い」という気持ちに集中せず、ある種のゲーム感覚で周囲の人たちの関係性などを分析したり、一人一人の性格がどんなものなのかを調査する気持ちで飲み会の時間を過ごしてみると、それぞれの考え方や本音がわ分かり意外と楽しいかもしれません。

そういった事を知れば仕事に役立つかも知れませんし、上司の癖などがわかれば仕事もしやすくなる可能性があるでしょう・

 [ad#ad-t1]

同じような雰囲気を持つ人を見つける

人数の多い飲み会であれば、誰もが同じように盛り上がっているわけではないでしょう。中には自分と同じテンションの人が居るかもしれません。積極的に会話に参加するわけでもなく、ただただ座っているというタイプの人は、同じように職場の飲み会が嫌いで困っているかも知れないですよね。

そのような人にそっと話しかけてみると、意気投合して飲み会の時間が楽に過ごせる可能性があるでしょう。仕事で絡む事がないような人なら特に、どんな内容の仕事をしているのかなど会話に困らず済むのではないでしょうか。 飲み会 嫌い

職場の飲み会は仕事!?

職場の飲み会は嫌いでも、仕事の一環と思って参加している人は少なくありません。仕事にはスキルだけでなく人間関係も大きく関わってくるからです。新人の歓迎会や去っていく人の送別会、年末年始などは、それぞれの挨拶の場でもありますから大切な儀式とも言えるでしょう。こうした飲み会は、仕事として取り組んだほうが気持ちも楽になると考えられます。

必要な時だけでも参加しているのとしないのとでは印象は全く違ってきます。逆に、それ以外の「飲みたい人」が主催するちょっとした飲み会には参加する必要はないと考えても良いでしょう。実際、職場での協調性は、飲み会の席ではなく仕事中に発揮できれば良いのです。

残業代が出るわけでもなく、逆に参加費が必要になる場合が多いですし、無駄な時間と感じる事もあるでしょう。しかし、仕事は1人でするものではないと思い、割り切った考えでその時間だけでも乗り越えられるような気持ちを持つのも大人のたしなみと言えるでしょう。

 

まとめ

職場の飲み会は嫌いと思っている人が多いのです。辛い時間を過ごしているのは自分だけではないと知り、ちょっとした楽しみを探したり、自分なりの時間の乗り切り方を見つけると、どうしても参加する必要がある年に数回程度の飲み会であれば、それほど苦痛な気持ちにならずに済むのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る