ストレスをためない方法とは?生活と考え方で強い体を作るには

ストレスがたまることは体だけでなく心にも影響します。誰でもストレスを感じながら生活していますが、同じ境遇にいてもストレスをためないタイプの人もいますよね。

その違いには、生活の仕方や考え方が関係していると言われています。どのようなことか確認して、ストレスをためない方法として活用してみましょう。

 

何でも1人で解決しようとしない

ストレスをためない人とためる人の違いは、他人を頼りにすることについての考え方。ストレスをためない人は、誰かに頼るのを悪いことと思っていないため、過度のストレスを感じることなく物事を解決できる可能性があります。

責任感がある人ほど、いつでも何についても自分だけで解決しようと頑張ってしまう傾向があり、誰かに頼るのを良くないこと、または自分の評価を下げるという気持ちが強いと考えられますが、その気持ちがストレスをためる大きな原因になっているという場合もあるでしょう。

 

休むことを「悪」と考えない

ストレスをためないタイプの人は、仕事を効率良く行うために休むことを必要事項として捉えていると考えられますが、ストレスをためやすい人は休むことを「さぼっている」と思っている可能性があります。

しかし休まなければ、ストレスを発散できずにためたままの状態を長く保つことになり、体も心も疲れ果ててしまうでしょう。

時には率先して休む時間を取ることも必要。冷静になって考えることができたり、リフレッシュしたおかげで仕事がさらにはかどるかも知れません。ストレスをためないこと自体も、効率アップに繋がります。

[ad#ad-t1]

完璧を求めすぎない

人の心の中はそれぞれに違いがあります。そのため、どんなに頑張っても全て人から認められることはないでしょう。ストレスをためないようにするには、全ての人に好かれることは不可能と考えることも大切です。

自分にとって正しいと感じる行動をしているのならば、他人がどう思おうと気にしない気持ちを持っていることで、相手に惑わされたり無理に合わせる必要がないためストレスが軽減されると考えられます。

また、何についても完璧を求めてしまえば、うまくいかなければそれだけでストレスになるため、ある程度楽観的に構えることも大切です。

[ad#ad-t1]

規則正しい生活を心がける

ストレスは精神的な部分にかかりやすいものですが、その度合いは体の状態によって変化します。栄養のバランスが整っている人はそれだけでストレスに強い状態と言われていますし、就寝と起床などの生活のリズムが整っている人はストレスを感じにくいとも考えられています。ストレスに勝つためのホルモンは朝に多く夜には少なくなるため、早寝早起きはストレスをためない生活といえるでしょう。

shutterstock_113875279

心休まる相手とのコミュニケーション

人は、他者とのコミュニケーションによってたくさんの影響を受けますが、ストレスをためない方法としても大切な役割があります。

特に親しい友人や信頼できる人との楽しい会話が重要。脳内でエンドルフィンという物質が分泌され、それだけで心地よさを感じ精神的な癒しに繋がります。

心休まる相手との会話では、ベータエンドルフィンといわれるさらに作用の高い物質が作られ、ストレスのダメージを緩和することが期待できるのです。

 

まとめ

ストレスは、人が向上するために多少は必要なものでもあります。しかしそれが不必要なものや過度なストレスの場合は、体も心も働かなくしてしまう可能性があるでしょう。

ストレスを受けないようにするのは無理だとしても、それをためないようにすれば健康維持や仕事の面での向上に繋がります。そのためには、生活や考え方を変えることも必要かも知れませんね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る