寝癖直しは寝る前がポイント!男の髪は根元に注目!

寝癖直しは寝る前がポイント!男の髪は根元に注目!-1

寝癖直しは、時間をかけたくないですよね。忙しい朝にボサボサの髪型・・・寝癖直しも苦痛だという方も多いかもしれません。時間がなくて、そのまま仕事や学校へと出かけてしまうということも一度は経験があるのではないでしょうか。

寝癖直しは、朝起きたらやるべきことですが、寝癖がない日は本当に一日調子がイイ!なんていうくらいにテンションもあがるものですよね。寝癖直しは、前日の寝る前にしておくのがポイントなのです。・・・寝癖がまだない状態なのに?と思ったアナタに、寝癖直しのコツをお話ししましょう。

 

寝癖直しのポイントはお風呂上りに注目!

寝癖直しは、お風呂上りの濡れた髪から始まります。男性は短い髪型ですので、寝る前の入浴後の髪も、自然乾燥で・・・という事が多いですよね。この自然乾燥が、寝癖の原因とも言われています。完全に根元まで乾いてから寝るというよりも、入浴後は濡れた髪のまま、布団へダイブなんていう方もいるかもしれませんね。それでは、翌朝の寝癖直しは思いやられるでしょう。お風呂上がりの濡れた髪は、完全に乾かさなければいけません。

髪の毛は、乾いた状態のときに、根元がまっすぐの状態でなければ、髪の毛にうねりが発生してしまい「くせ毛」になってしまうのです。お風呂上りは、濡れた髪のままでは、髪の水分が蒸発しパサパサの艶なし髪になってしまいます。寝癖の原因を作らないようにすることから始めましょう。

[ad#ad-t1]

寝る前のドライヤーがポイント

寝癖直しは、朝起きた時に・・・と思いますが、実はこれでは手遅れなのです。寝る前に、根元からしっかりドライヤーをかけてから就寝しましょう。それでも、寝癖がひどいという方もいますよね。それは、きちんと根元まで髪を乾かしてないことが原因なのです。乾かしたぞ!と思っていても、根元はまだ完全に乾ききっていないと言えるでしょう。

ドライヤーをかけすぎると、髪や頭皮が傷んでしまうと思われがちですが、シャンプー後の髪は、ドライヤーの熱を加えることによって、保湿成分をぎゅっと髪の内部に閉じ込めてしまうことができます。このことから、髪が傷んでしまうということはありませんので、ご安心ください。

[ad#ad-t1]

寝癖直しは、お湯が効果的!

寝癖直しを時短で!というときには、お湯で髪の毛を濡らしましょう。これだけで、曲がってしまった髪の根元を、まっすぐな元通りの髪型にすることができるのです。お湯を髪の毛に使うのであれば、蒸しタオルで髪の毛を覆って髪の根元から保湿を与えます。シャンプーをした後の状態に再現させることで、髪の毛の曲がってしまった根元を直しましょう。

起きたら即シャンプーが一番なのですが、できればギリギリまで寝ていたいのが、正直な男性の本音ですよね。朝から時間がないのに、髪の毛まで洗えない!というのであれば、蒸しタオルも効果が高いので、ぜひお試しください。

寝癖直しは寝る前がポイント!男の髪は根元に注目!-2

翌朝の寝癖直しはブラシにもこだわって

寝癖直しをするときは、ブラッシングにもこだわるとすぐ直すことができます。爆発してしまったひどい寝癖は、寝癖直しのスプレーをした後にドライヤーをかけますが、このときのブラシの当て方がポイントになるのです。ブラシを髪の下にあて、伸ばしながらドライヤーを根元の上からかけていきます。ブラシを押し付けるように、髪の上からかけることが多いと思いますが、髪の下から持ち上げるような感覚で寝癖直しをすると、根元を正しい位置に戻すことができるでしょう。

 

まとめ

寝癖直しは、髪を完全に乾かしてから寝るという習慣をつければ、翌朝の髪の毛もうねりが少なく、スプレーやワックスだけで5分以内に寝癖直しも完了します。髪の根元から曲がってしまうと、寝癖直しは苦戦してしまうのですが、寝る前に少しの時間を費やすだけで、出勤や通学前の準備は素早くできるでしょう。

上手く時間を使いながら、身だしなみに手を抜かないというのが、デキる男の鉄則かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る