大人の男はダメージジーンズをキレイに着こなす!選び方とコーデについて

ダメージジーンズは、今や定番とも言われる人気のアイテム。しかし、コーディネートによってワイルドでお洒落な印象になることもあれば、だらしなさを通り越して汚い雰囲気になる可能性もある難しいデニムでもありますよね。

特に大人の男性は、どんな時でもだらしなさを感じさせたくないものです。そこで今回は、ダメージジーンズをスッキリスマートに見せるコーデ術と選び方をご紹介します。

 

ダメージジーンズに合わせるならキレイめアイテム

カジュアルアイテム同士を合わせるのが着こなしの基本と思いがちですが、ダメージジーンズはそれだけでかなりカジュアル寄りになるため、それ以外のアイテムにはキレイめなものを合わせるのがおすすめの大人のメンズコーデです。

カッチリとした印象のテーラードジャケットやシャツ、革靴などを選ぶことで、あえてダメージジーンズを合わせているという印象を与えることができるでしょう。

キレイに整い過ぎた着こなしになりそうなところにあえて合わせることで、こなれ感が出せます。

[ad#ad-t1]

シンプルにまとめること

ダメージジーンズは主張の強いアイテム。トップスも個性的なものにしてしまうと、全体的にまとまりのないコーデになりがちです。そのため、できるだけシンプルにまとめるのが大人のダメージジーンズの着こなしでしょう。

夏ならヨレヨレになっていないキレイな状態の白Tシャツや、ポロシャツなどがおすすめです。春秋ならシンプルなクルーネックニットも相性が良いです。定番のアイテムとの組み合わせでもシンプルすぎないコーデにできるのが、ダメージジーンズのメリットですね。

シンプルなカラーの着こなしの中に加えて、子供っぽさを抑えましょう。全体をモノトーンでまとめると大人っぽさを強調できるため、ブラックデニムを活用するのもおすすめです。

[ad#ad-t1]

ハードすぎる着こなしにしない

ワイルドでハードな印象にもなりえるダメージジーンズは、同じくハードなアイテムのレザージャケットなどとも相性が良いです。しかし、ハードすぎる着こなしは近づきがたい雰囲気にもなるため、少しソフトな部分を残したいものです。

全体がハードになり過ぎないように、インナーに控えめなオフホワイトやベージュなど優しい雰囲気のカラーを使い、ハードな中にも柔らかさを加えたコーデにすると良いでしょう。

shutterstock_187999376

汚く見せないダメージジーンズの選び方

ダメージジーンズは、そのダメージ具合やフィット感によってもだらしないコーデに見えることがあります。そのため、選び方にも気を使いましょう。

肌が見えてしまうほどのダメージがあるタイプは避け、オーバーサイズよりも体に合ったフィット感のあるものを選ぶと使いやすく、大人な印象になります。ワイドなタイプを選ぶと、子供っぽさと共に汚い印象になりやすいため気をつけましょう。さらに、深みの残った濃いめのカラーを選ぶと、落ち着いた雰囲気になります。

単に長く履いたために破けてしまったジーンズは、計算されてカスタマイズしたダメージジーンズとは別物。お洒落という印象にはなりにくく、あか抜けない着こなしになる可能性が高いため注意してくださいね。

 

まとめ

ダメージジーンズは、全体的にルーズにしないのがスタイリッシュに見せるポイント。注意して着こなせば、大人のメンズコーデにも取り入れることができるでしょう。男性も女性も、年齢を重ねるにしたがって清潔感ときちんと感は重要になるため、カジュアルになり過ぎないように意識しましょう。

ダメージジーンズはシンプルで上品なコーデに加えるだけでこなれた印象になったり表情がガラッと変わるため、便利なアイテム。選び方と着こなしに注意して、楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る