ワンナイトラブで後悔…その理由はここにある!

ワンナイトラブ

ワンナイトラブを楽しみたい気持ちがあるのは、男性だけではなく女性にも言えることでしょう。でもワンナイトラブが終わりその後に後悔をすることも。それはなぜなのでしょうか。後悔をする理由についてお伝えしていきましょう。

 

後から見たら好みのタイプでは無かった

夜に見た時には、自分の好み!と思い勢いもあり口説くようなこともあるのです。でも後から見たら、全然好みのタイプではなくてがっくりするようなこともあるでしょう。でもそこでクールに振る舞うのもなんだし…と思い、優しいフリをして泊まらせないようにして帰すようなこともあるでしょう。

勢いというのは、怖いものだな…と思いながら、ワンナイトラブを後悔することになるのです。

 

すっぴんに驚く

ワンナイトラブの時にはメイクをしていて気が付かなくても、終わった後にすっぴんを見ることもあるでしょう。その時に「えっ、こんな顔だったの?」と驚いて声が出ないこともあるかもしれません。

女性はメイクでかなり変わるものなのです。美人だなと思い誘ってみたけれど、実はそうではなかったということが分かり、ワンナイトラブを後悔することもあるでしょう。どうしてこんな女と…と自分の行動に対して情けなく思うこともあるかもしれません。

でも表面だけ見ずに、相手の中身ももう少し見るようにした方が良いでしょう。その方がたとえワンナイトラブでも、納得がいくかもしれません。

 

相手の行動が偉そう

ワンナイトラブの後、急に偉そうになる女性もいます。人の部屋を自分の部屋のように使う女性もいるのです。例えば「シャワー借りていい?」とか「冷蔵庫開けていい?」と聞かずに、勝手になんでもしてしまう女性もいます。

そうなると、ワンナイトラブではなくてもう彼女と思っている場合もあるのです。ワンナイトラブで割り切った関係でいられると思ったのに…と男性としては後悔をすることになるでしょう。

その女性がどういうタイプなのか、よく観察をした上で部屋に連れてくることが本来は必要なことですね。

 [ad#ad-t1]

虚しい気持ちになる

好きでもない女と…と思うと、自分に対してもその行為に対しても虚しさを感じることがあるでしょう。この虚しさはそれを経験した人にしか分からないものです。いい意味での割り切りが出来れば良いのですが、うまく割り切れない男性もいます。

自分でそういう性格だと分かっているのなら、本来はワンナイトラブには向いていないタイプだと言えるでしょう。そのため出来るだけそういうことをしない方が良いのです。虚しさを感じて、それにより元気を無くしてしまうのも辛いことですよね。

ワンナイトラブ

酒癖の悪さを痛感する

お酒に飲まれてしまうタイプの男性の場合には、ワンナイトラブの後に「あの時、飲みすぎた…」と後悔することも。実際にもしもお酒を飲んでいなければこうはならなかったかもしれません。

こうなったことを自分で認めて、仕方がないと思えれば良いのですが自分の酒癖の悪さが嫌になると思うこともあるのです。こういう人の場合は今後も同じことを繰り返しやすいですから、出来るだけお酒の飲み方に気を付けた方が良いですね。

 

まとめ

ワンナイトラブを楽しめたというのなら良いのですが、その後の後悔の気持ちの方が強いというのは、少し残念なことですよね。そのため後悔をしないようなワンナイトラブの仕方をするように、意識をすることが必要になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

好きと態度で示すための5つのコツ-1

2017-8-2

好きと態度で示すための5つのコツ

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る