集中力を持続させるぞ!ヤル気を出させる4つのコツ

集中力を持続させるぞ!ヤル気を出させる4つのコツ-1

集中力を持続させたくても、なかなか集中できないものです。集中したいときに散漫してしまうこともあり、自分に対して失望してしまうこともあります。集中力を持続させることができれば、仕事も勉強も早く終わるのに・・・そう思い悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

集中力を少しでも長く持続させるためには、何から始めていけばいいのか頭を抱えてしまいますよね。今回は、集中力を持続させるための、ちょっとしたコツをお伝えします。

 

環境作りは大切

集中力を持続させるためには、環境で変わると言われています。ざわざわしている環境の中で集中力を発揮させることは、困難ですしエネルギーを大量に消費しますよね。これでは、注意力が散漫してしまい、集中力も持続どころではないかもしれません。

集中できる環境をしっかり整えることが、集中力を作り出すために必要になります。集中力を持続させるには、精神的にも落ち着ける部屋が望ましいですよね。気が散ってしまうものは、視界に入らないような工夫をしましょう。外部の音をシャットダウンすることも、集中できるきっかけになりますので、耳栓もお助けアイテムになりおすすめです。

[ad#ad-t1]

ヤル気が出る言葉で自己暗示

集中力を持続したいけれど、集中力が続かないというときは、自分自身に気合いを入れることで集中力を持続させます。好きな文字をスマホやパソコンに打ち込むのではなく、紙に直接文字を書き綴ることで、ヤル気が沸いてくるという驚きの効果も・・・。

自分がうれしくなる言葉や目標など、あなた自身ががんばれる言葉を書くことで、脳に刺激を与えます。目標を書き綴ることで再確認させることができるため、「やるぞ!」という気持ちを強くさせることができるでしょう。

[ad#ad-t1]

集中できないときこそ休憩

集中力を持続させたいときは、適度な休憩も求められます。上手に集中力を持続させるためには、休憩のタイミングも重要になるでしょう。集中していると、休憩することを忘れてしまうことがありますよね。一息ついたあとの持続が難しくなるのですが、学校のように定期的に取り組む時間と休憩する時間を徹底することで、体と脳のトレーニングをしていきましょう。切り替えができることで頭の中もスッキリし、疲れを溜め込むことを抑えます。切り替えこそが、集中力の持続のポイントになり、モチベーションを下げずに保てる秘策になっていくでしょう。

集中力を持続させるぞ!ヤル気を出させる4つのコツ-2

自分を追い込むこともアリ

集中力が持続できないときほど、睡魔に襲われてしまいますよね。集中しなければいけないと思っていても、気持ちが追い付かないという経験もあるのではないでしょうか。空回りしてしまう気持ちとは裏腹に、時間だけが過ぎていくというこの現実に、どこか「なんとかなる」という自分がいることがあります。実際に余裕があればいいのですが、それでは集中力もある程度のところで持続不可能になってしまうでしょう。

本当に集中力を持続させたいときこそ、自分自身を追い込むことが求められます。プレッシャーを周囲から与えられると集中できるという人もいれば、自分自身でかけるプレッシャーで目標を達成するために、自分に厳しく向き合えるという人もいるのです。あなたに合った追い込み方法で、集中力を持続させましょう。

 

まとめ

集中力を持続させるためには、脳を休ませることも大切ですが、目標をしっかりと持つことが一番重要です。集中できない状態が続きながら、何かに取り組んでいても結果的に仕上がり具合に満足いかず、自暴自棄になることだって考えられるのですから。ここぞという時に、集中力を発揮させることができる人こそ、周囲からも信頼が得られ、自分の自信へと繋がっていくでしょう。

集中力を持続できる環境を自ら探し、気持ちを入れ替えられるような適度な緊張感を保ちつつ、目標を達成できるような集中力を身に着けたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る