胸筋をトレーニングするなら自宅でOK!男の厚い胸板手に入れる方法

胸筋をトレーニングするなら自宅でOK!男の厚い胸板手に入れる方法-1

胸筋はトレーニングをしていく上で、すぐ筋肉がつきやすいところなので、一番初めに取り掛かることが多い部位になります。みなさんがよく耳にする大胸筋は、自宅で鏡を見ながら確認することもできるので、ジムに行かなくても、胸筋を鍛えるトレーニングができてしまうというのが、うれしいところなのかもしれません。

ちょっとした時間で胸板がみるみるうちに引き締まった胸板になっていくのは、トレーニングのやりがいがありますよね。魅せる上半身を作りたい男性も多いのではないでしょうか。それでは、胸筋を鍛えるトレーニングをお伝えします。

 

筋トレは週3くらいが続けられるコツ

胸筋をトレーニングしたいと始めても、1か月は続いても、2か月3か月目と月日が過ぎていく度に回数が不規則になっていき、最終的には胸筋のトレーニング自体を辞めてしまった・・・という経験はありませんか?毎日がんばって胸板を作ろうとしても、強い意志がないと続かないものですよね。いくらトレーニングに励んでも、毎日がんばっても内容によっては、筋肉がつくとは限らないのです。筋肉疲労を防止させるためにも、間を空けて胸筋のトレーニングを行いましょう。休ませることで筋肉もつきやすくなっていく工程を、じっくり観察しても面白いかもしれません。

[ad#ad-t1]

腕と胸を動かす筋トレ

胸筋をトレーニングするときに、何をしようと思ったときに、よくやる筋トレが成果に繋がることがあるのです。手軽にできるのが「腕立て伏せ」です。腕立て伏せが大胸筋をトレーニングにいいのかと、一瞬悩んでしまいそうですが、しっかり腕立て伏せを行うことが、あの理想の胸板を作り上げるのです。

引き締まった胸板を作るためにも、両腕を上手く広げることによって、胸筋に負荷がかかるように行うのがポイント。このように腕立て伏せを行うと、10回こなせるのかわからないほど、辛いものに感じるでしょう。分厚い大胸筋をイメージしながら、トレーニングを続けていくことが大切です。

[ad#ad-t1]

ダンベルは胸筋を鍛える筋トレグッズ

胸筋をトレーニングするときに、腕ばかりが筋肉がついていくような感覚になりますが、ダンベルは胸筋にもってこいのアイテムですよね。あとは、横になるスペースを探します。これだけで、胸筋のトレーニングが自宅で簡単にできるでしょう。ダンベルフライは、腕に負担をかけすぎてしまうと、腕が使えなくなるほど筋を痛めてしまうことがあります。

両腕をしっかり伸ばして行うイメージが強いダンベルフライですが、腕を曲げながらトレーニングを行うことで、腕よりも胸筋に負荷がかかっていくでしょう。急におこなうと、肩を痛めてしまいますのでストレッチは忘れずに行いましょう。

胸筋をトレーニングするなら自宅でOK!男の厚い胸板手に入れる方法-2

上半身以外もトレーニングを

胸筋をトレーニングしていくと、どうしても上半身のみのトレーニングになってしまいますよね。上半身がどんどんマッチョになっていくのに、下半身だけは・・・ということになっていませんか?

逆三角形の体型になってしまう恐れがありますので、スクワットを取り入れて下半身も引き締めることで、バランスの良い筋肉を作り上げることができるでしょう。疲労感があるときは、無理をしないで休憩をとりながら行うのがポイントです。

 

まとめ

胸筋を鍛えるトレーニングは、難しいような気がして自宅では・・・と思っていた方もいるかもしれませんが、体を引き締めることは、自宅で十分可能な範囲なのです。一回のこなす回数も20回前後を1セットとして目安にしていくと、目の前のゴールが見やすくなるかもしれません。

男性も今では、女性以上にエイジングケアに気を配る人が増えています。胸筋をトレーニングすることで、腹筋や腕の筋肉も引き締まっていくことでしょう。もう、オジサン体型なんて言わせないように、自分の体型にも自信を持って励んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

好きと態度で示すための5つのコツ-1

2017-8-2

好きと態度で示すための5つのコツ

!cid_ii_14603cf3450b6c90

Rise-Story

shutterstock_145149241

恋 ♡ 学 ♡ 塾

shutterstock_264836348-300x200

ページ上部へ戻る